システムキッチン

システムキッチンとは日本の台所(キッチン)の形態の一種。
システムキッチン(system + kitchen)は和製英語です。
システムキッチンとは、
流し台や調理台、コンロ、収納スペースなど各ユニットを組み合わせて、
天板と呼ばれる一枚板をのせて、全体が一体となるように組み合わせた台所のことです。
スペースの有効利用、デザイン性、用途に合わせた機能的な収納などが、
主なメリットと考えられます。

1973年、昭和48年、クリナップのショールームに試作展示された
ドイツ風キッチンを指す固有名として、システムキッチンという言葉が
最初に使われました。
昭和40年代後半から50年代前半の高度経済成長の時期に、
ビルトインキッチンがドイツから輸入され、
日本の住宅に合うようにアレンジされました。
日本市場では、昭和50年代にシステムキッチンという言葉は日本で普及していきました。

プランは、I型、II型、L型、U型、アイランド型などに分けられます。

現在のキッチン形態

  • 独立型
    キッチンのみ部屋として独立している。
  • セミオープン型
    キッチンとリビングの間に収納棚や壁などの間仕切りするものがある。
  • オープン型
    ダイニングと直接つながっていて、収納棚や壁などの間仕切りするものが一切ない)。

希望するキッチンの形態

  • セミオープン型は、同形態の希望者が59.7%と高く、現使用者の評価が高いといえます。
  • 現在セミオープン率が最も高い50代主婦(40.1%)の、今後希望するキッチン形式は、
    やはりセミオープンという回答が多く(46.5%)、現状に満足している様子が見えます。
  • 独立型、オープン型は、セミオープンと比べ、現在と同形態の希望者が少なく、
    それぞれ26.8%、37.2%。ともに、セミオープン型への移行希望が高いです。
  • 主婦年代別に見ると、30代主婦に「今後セミオープン型キッチンにしたい」という回答が59.4%と特に高いです。
    (キッチン白書による)

今後取り入れたいキッチン機器

今後キッチンに取り入れたい機器について尋ねたところ、
「食器洗い乾燥機」59.0%、
「IHクッキングヒーター」51.9%
が半数を超える導入意向となっている。
「ゴミ処理機」48.2%、
「ムーブダウン吊戸棚」42.8%、
「浄水器」42.4%
と続きます。

主婦年代別にみると、
20代では、「ごみ処理機」「食器洗い乾燥機」がともに約60%と高く。
30代では、「食器洗い乾燥機」が69.0%と他年代より高く。
40、50代は、「IHクッキングヒーター」がともに約57%と高くなっています。

浄水器は、年代が低くなるほど「取り入れたい」という回答が高いです。

現在のキッチン形態別にみると、
独立型では、他の形態に比べて「食器洗い乾燥機」が高めで64.1%。
オープン型では、他の形態に比べ「ムーブダウン吊戸棚」が高めで48.6%となっています。
(キッチン白書による)

  • 高演色LEDの購入をお考えなら、高演色LED・自然光LED、YUJI LEDのUniPo株式会社にご相談ください。当社は超高演色性LEDの販売・オリジナルLED特注・LED照明の輸出入業務をはじめ、業界トップクラスの省エネ・省資源のエコ製品および低価格・高品質の生活必需品を提供しております。
  • 関西でリフォームの業者をお探しなら、株式会社ユニピスにご相談ください。当社は、エネルギー事業を幅広く手がけているので、住宅全体の調和のとれたリフォームが可能。おもに太陽光発電システム、蓄電システムをはじめとするエネルギー関連サービスで、お客様にとってより良い生活環境をご提案すべく、日々業務に取り組んでおります。
  • 多摩で外壁塗装の業者をお探しなら、re;pair多摩にご相談ください。当社は外壁塗装を中心に、水回り、室内壁面、床張り工事など、お客様の立場で喜んで頂けるリフォーム工事をおこなっております。厚生労働省認定の国家資格を持つ、1級塗装技能士在籍。独自ルートで塗料や資材を仕入れているので、大手の塗装会社やリフォーム会社と比較しても安価で質が高い仕事をご提供。戸建住宅から大きなビルまで、40年の信頼と実績がございますので、安心しておまかせください。
  • 板橋のMTデザインは年間リフォーム実績は大小合わせて三百件以上。不動産業者さまなどプロからも多数ご用命を受けている私共は、「リフォーム」のその先にあるお客さまの「心」に重きを置くことを大切にしております。みなさまの理想の家づくりをお話しください。施工管理スタッフや大工・職人・インテリアコーディネーターが一丸となり、リフォームに思い描かれる夢と希望のお手伝いをいたします。住まいのことをなんでも相談できるハウスドクターとして力を尽くして参ります。